最近の日記

岩手・宮城地震

14日の朝は驚きしました。
小刻みの立て揺れが来ましたので震源地が近いと感じた後、大きな横揺れが長く続きました。幸い室内はテレビの上の置物が落ちた程度で、母や家内も無事でした。
各地からお見舞いの連絡をいただき、ありがとうございました。心から感謝いたします。
昨日も余震がありましたが、回数も減り少し安心しております。
しかし、悲しい事に「駒の湯」で亡くなった麦屋弥生さんは北東北広域観光計画の委員会で御一緒しお世話になった方です。
秋田にとっても、これからいろいろとアドバイスをと、期待していましたのに、本当に残念です。ご冥福をお祈りいたします。

奥羽山荘リニューアル

大仙市太田にある奥羽山荘のリニューアル・オープンに行って参りました。
全国では1980年代後半、第3セクターの施設建設が花盛りでした。私の住む秋田県も例外ではなく、各市町村が競って施設を建てていました。その後バブルの崩壊等があり現在、一部を除いて赤字施設が増え市町村の財政を圧迫しています。
そうした中、奥羽山荘の再建を仙北市で経営実績のある、田沢湖芸術村わらび座が経営をする事になりた。
わらび座さんの地方発のミュージカルは評判が良く、多くのファンが全国にいます。また、修学旅行生も受け入れ地域貢献をしています。
奥羽山荘のもつ温泉、東北の原風景を生かし、芸術文化発信、ホスピタリティのノウハウのわらび座さんが
どのように経営していくのかが楽しみであり期待しています。

ご冥福をお祈りいたします

私が永年にわたってお世話になり、尊敬する前秋田県知事佐々木喜久治様が亡くなりました。本当に残念です。
友人と一緒に昭和51年副知事に就任した佐々木喜久治様を個人的に応援したのが最初でした。
その後、5回の選挙戦に参加、特に3,4,5選目には選挙カーに一緒に乗り寝食を共にした思いでは忘れることが出来ません。
18年間にわたって秋田県知事を務めた業績は皆さんご存知の通りです。堅実な手腕を発揮して秋田県の基盤を作っていただきました。
公務時のマスコミや議員の評価は厳しい見方をしていましたが、優しい方でした。一度も怒られたことはありません。大好きな冷酒を飲みながらのユーモアは楽しく場が和みました。
大変お世話になりました。
どうぞ、ゆっくり天国でおやすみ下さい。

携帯メールから投稿

アップロードファイル 14KB

1月12日のブログに垂れ桜の枝に付いた雪の画像を投稿しましたが、続きです。例年より一週間早くピンクの花が咲きました。空にひばり等の鳥のさえずり、雄物川もゆったり流れ、我が家の玄関のチューリップも咲き始め穏やか日和りです。ここのところ忙しい日が続きましたが花を観ながらちょっと一息ついています!

創立35周年

我が社が創立35周年を迎えました。
昭和48年4月に社員5人でのスタートでした。この年はオイルショック、豪雪の大変な時期でありましたが役員、社員が一丸となって乗りきったのが楽しく思い出されます。
一般的に会社の寿命30年説があります。
そのラインを少し越えたわけですが、35年間、山あり谷ありで倒産の危機もありました。
今更ながら、よくここまでと感慨深いものがあると同時に経営とは難しいものだとつくづく感じます。
昨年7月、私は社長を交代し若い世代に任せました。
昨今、ニュースでもご存知のとおり、受注の確保は厳しい状況ですが、役員、社員が人間性が良く頑張り屋ですので、この難局を乗り切って40周年、50周年と持続してくれると確信しております。
当社を35年間、暖かく見守ってくれましたお客様、退職者、地域の方々に心から感謝を申し上げますとともに、今後よろしくご指導下さいますようお願い申し上げます。